中古車売却時に必要となる事項を調べてみました。

何ヶ月間程度残っているかによっても違い

中古車売却時に必要となる事項を調べてみました。

売却した金額を振り込むための振込口座と車検証と印鑑証明(発行後1か月以内の物を2通)などを用意しておきます。

取扱説明書やスペアキーもあると査定金額が上がることもありますので、ちゃんと用意しましょう。

実際に車査定をするときは、業者の多くが、まず走行距離をチェックするようです。

車を査定する上で最も大切なことは走行距離なんだそうです。

10万キロオーバーの車でも、問題なく売れるのかというと、それぞれに条件が違いますが、正直に言って、難しいと思います。

しかし、需要の高い軽自動車やコレクターがいるような珍しいものであれば、査定額が上がることもあるようです。

引越しをした際に駐車場の場所が確保が出来なくて、たいして、車に乗る機会もあまり無かったこともあり、思い切って車を売却する決意をしたのです。

けれど、実際、車を売るとなると、どうどようにして、手続きをするのか分からず色々悩んだんですが、買取業者の担当の方が親切だったので、結構、さくさくと取引が出来ました。