車の査定は走行した距離が少ない

一般的に、車査定をする場合には、走行距離がまずチェック

車の査定は走行した距離が少ない方が査定の額は良くなります。

走った距離の長い方が、その分だけ車がダメになっていくためです。

そう言っても、走行した距離のメーターをいじって改ざんするとサギとなるので、走ってしまったものは仕方ありません。

これからは車を売りに出すことまで考えて余計には走り過ぎないようにした方がいいと思います。

査定額のを上げる手段として、一番知られているのは洗車でしょう。

ピカピカに洗車をした状態で査定に挑むと印象がアップし、査定する際の金額が上がります。

その際、ワックスをかけることもやっておいたほうがいいでしょう。

また、車内の臭いを消すことも見逃せないポイントです。

ペットやタバコの臭いによりマイナス査定となるので、脱臭は必ずしましょう。

中古車を購入する場合気になってしまう条件といえば、年式はもちろんですが、走行距離だと思いますね。

一般的に、中古車の走行距離はというと、1年間で1万kmほどと考えられています。

そうすると、10年乗って10万kmくらいが一般的なの中古車の走行距離になるということです。