乗り換えで新車を購入するときは

軽自動車税が高い最近では、中古車だ

乗り換えで新車を購入するときは、ディーラーに下取りを依頼するのが一般的です。

ディーラーは「下取り価格は、勉強させていただきます」と言いますが、本当に1社の言い値で良いのでしょうか。

手間かかるのはいやだなと思う気持ちも多少はあるかもしれませんが、車のコンディションや年式によっては買取と下取り価格には大きな開きがあると思います。

私も下取りしてもらう予定でしたが、中古車業者が近所にできたので査定を依頼したところ、「下取り、安すぎ?!」というのが正直な感想でした。

業者の方が高いなんて。

現金で即日で払ってくれるというので、その週のうちに契約を済ませ、ひとつ上のグレードの車を買えたのは嬉しかったです。

査定依頼してから支払いまでわずか5日です。

このスピード感がいいですね。

軽自動車税が高くなってしまったこの頃、中古車は結構人気です。

余談ですが中古車価格の値段交渉ってできるの?って頭をよぎる人もいるかもしれませんが、相場についての情報を集めておくと値段交渉に応じてくれるケースがあります。

車の情報に詳しい人に同行して確認してもらうと値引きしてもらえる場合がありますよ。

Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問が結構多いです。

自分以外の人が車の所有者(名義人)であるときは、名義人の印鑑証明を用意していただき、譲渡証明書(実印を押印)、売却を代理人に託す委任状(実印を押印)を揃えていただければ、代理人の方でも売却できます。

名義がクレジット会社になっている車は売却できないため、査定を断られると思います。

ローンを返済し終えて個人の名義(所有)に戻せば売却することができます。