車の査定は走行した距離が少ない

事故車、と名づけられている車は文字通り事故を起こした車のこと

車の査定は走行した距離が少ない方が査定にプラスとなります。

走行距離が長ければ長いほど車の状態が劣化してしまうからです。

そう言っても、走行距離メーターに何か細工を加えるとサギですから、走ってしまったものは仕方ありません。

これからは車を売りに出すことまで考えて余分な距離を走らないようにした方がいいですね。

もうそろそろ車を売ろうかな、となった時、中古車買取業者の査定を受けて、買い取り金額が確定して契約成立した後でなんと、減額請求をされることもあるのです。

それでも、「しっかり検査してみたところ、不具合がありました。

なので買取額を減額します」と言われてしまったとしても応じる必要はありません。

その不具合を知っていたのにあらかじめ伝えなかったのならば問題ですが、それとは違うのならきっぱりと減額を断るか、契約をやめましょう。

愛車の査定をする場合、お店に行ったり、自宅に足を運んでもらうのが一般的です。

また、メールでの中古車査定を行うところもあります。

その場合、業者とのやり取りを直接行うため、非常に手間ひまがかかり面倒です。

中には、しつこく何度も営業をかけてくる場合もあるので、いい加減にうんざりだと思うこともあるでしょう。