中古車の買取で契約をかわした後に減額

出来るだけ高い値段で自分の中古車を

中古車の買取で契約をかわした後に減額されていた、他にも引き取った後に減額する事を言われたという話をブログなどで見る事があります。

引き取った後は減額をしない、というのが普通の感覚だと思います。

売買契約書に判子を押してしまう前に、取引後の減額やキャンセルなどの有無を教えていたか、加えて、どのような理由から減額するに至ったかによってこちらが取れる対応は変わります。

どのような理由でも、納得ができないという場合には車の買取をキャンセルし、取引を中断するのも良いです。

車の査定を受ける前に、注意点がいくつかあります。

一社のみの査定で、安易に契約書にサインしないことです。

一括査定サイトの活用などで、車買取を扱う業者を幅広く探して比べることが必要です。

現物査定前に、高く売れるように清掃をしておくのがベターです。

また、少なくとも車検証と納税証明書がないと査定を受けられないので、査定に間に合うよう準備しましょう。

印鑑証明がなければ車を買取に出すことはできません。

実印が必要になるので、登録をしている市役所、または出先機関でも結構ですが、2通分の準備を済ませましょう。

近年では証明書をコンビニなどで発行することもできますし、証明書を自動発行できる機械も役所に設置してあります。

気を付けなければならないのは、証明書は一か月以内の発行でなければならないことです。

以前に取得した証明書は使えないということです。