車を売却査定する時には、たくさんの書類が必

業者による車の査定の際は、洗車をしておくのが基本です。査

車を売却査定する時には、たくさんの書類が必要です。

いくつか例を挙げれば、車検証はもちろん発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などが主に必要となり、その他、実印も用意が必要です。

また、業者で準備する書類として、譲渡証明書や委任状が必要になります。

新車などに買い替える場合に、今まで乗ってきた車を買ったディーラーへ下取りに出すことが結構あると思います。

しかし、大半のケースでは、下取りでは納得できるような価格の査定をしてもらえることはないものです。

一方で、車買取りの専門店に売ると、車を下取りで頼むよりも、高額に査定してもらえることが多いでしょう。

車の買取に関する疑問では、所有者本人以外でも売れるのか?というのが結構多いです。

自分以外の人が車の所有者(名義人)であるときは、家族でも他人でも一定の手続きを要しますが、名義人の印鑑証明、ならびに実印を捺印した譲渡証明書と委任状(「名義人」から「あなた」へとなっているもの)を用意すれば名義人以外の方でも売却できます。

譲渡証明書や売却証明書は業者がテンプレを持っていますが、ダウンロードもできます。

自動車金融などで名義が会社のものになっている車については、売却できないため、査定を断られると思います。

ローンを返済し終えて名義を変更する必要があります。