ネットの車査定サイトで査定の申し込みをすると、業

車を査定する際、事故車であると認められた時

ネットの車査定サイトで査定の申し込みをすると、業者からしつこい程の営業電話がかかってくると言います。

しかしこれはもう、車査定サイトの成り立ち上、致し方がない部分もありますので、そういうものだと割り切っておくべきかもしれません。

こういった営業電話に対しては、話を延ばさないで淡々と断ってしまえば、それ以上の電話攻勢はしてこなくなる場合が殆どで、それに、いざとなれば着信拒否という手もありますし、それ程迷惑になることもなさそうです。

数は少ないのですが、電話番号をはじめとする個人情報を書き込まなくても査定額を表示してくれるサイトもあり、そういうところを使って申し込んでみると、営業の電話は防げるでしょう。

中古車の査定額は天気に左右されます。

晴天に恵まれた日に車をピカピカにして持っていくと見た目がよりキレイに見え、車を大切に乗っていることが伝わりますから、査定額は上がるはずです。

逆に、雨の日は、細かい傷のチェックが難しいため、どうしても査定する方が慎重にならざるを得ず、最低の値段がつくこともあります。

以上から、車を査定してもらうなら晴れた日に行う方が良いでしょう。

車の買い換えをする時のことですが、私の場合は、得ができるということを人から聞きましたので、下取りに出さず、中古車を扱う専門の買い取り業者に査定を頼んで、買い取ってもらうことにしてます。

PCやスマホを使って、インターネット上のサイトに行きます。

そこで、売りたい車の情報や、ある程度の個人情報を入力、登録をしますと、業者の方から電話かあるいはメールで連絡がきます。

例外もあるかもしれませんが、多くの場合、4つか5つくらいの業者から連絡があります。

その時に、自分の車がいくらで売れるかを聞きます。

そのようにして大体の値段の目安を知り、良さげな会社を三つほどリストアップしまして、それら以外のところはもう、電話で断ってしまえばいいです。