車買取業者に売却依頼するときは、その車の走行距離で

車査定とディーラー下取りでお得なのは、車種の

車買取業者に売却依頼するときは、その車の走行距離で査定額が大幅に変わることを理解しておきましょう。

一般的には1年10000kmと言われており、それより走行距離が上か下かで、査定額も上下します。

走行した距離が短いほど標準よりプラスの査定がつきますし、10万超だとマイナス査定というより、よほど希少価値のある車でない限り、買値がつきにくいと思って良いでしょう。

もっとも、これは単純な目安に過ぎません。

車の種類や状態によっても幅があり、こればかりはプロの手に委ねるしかないでしょう。

一般車は車査定で売って、付加価値のついた車はネットのオークションを利用して売るというのが良い方法かもしれません。

ところが、ネットオークションだと個人同士の売買となるので、何かしら問題が生じる可能性もあります。

ローリスクで車を売りたいのであれば、やはり車査定という手段を取る方が妥当でしょう。

中古車の下取りに必要になってくる書類は、やはり車検証です。

万が一これがないと、下取りをすることができません。

ちなみにですが、フェリー乗船の時にも必要となってきます。

車検証は、ものすごく重要な書類です。

大切に保管しておく、必要があります。

そして、整備記録などがあるならば、下取り価格が上がったりとします。