結婚したので、これを機に、今までの

自動車というのは重要な財産の1つなので、人手に

結婚したので、これを機に、今までの愛車だった車を売って、今度は大型車に買い換えました。

中古車なんか売ってもどうせ、二束三文にしかならないだろうと思っていたのですが、査定に出してみたら驚いてしまいました。

思っていたより随分と提示された買取価格が高かったのです。

買取業者いわく、軽は人気があるので、良い値段で買い取ってくれるのだそうです。

車査定では、走行距離が長ければ長いほど不利な評価を受けます。

一般的には、10万キロを超えると高級車や名車と言われていても基本的に値段がつかないと査定されることを考えて良いです。

同じ車で走行距離が変わらなければ、乗った期間が短い方が不利だと思って良いでしょう。

短期間でより多くの距離を走ったと判断されるのが普通です。

トラックといえばホワイトが定番で人気ですよね。

しかし、それ以外の車種の場合、査定額が上がるという点では、ホワイト、ブラック、グレー系が人気色です。

町でよく見かけるような車の色、すなわち、多くに人に受け入れられてる、いわゆる「定番色」が車買取においても人気の高い色だと言えます。

あるいはパール系やメタリック系ですと、ソリッドカラーよりも査定結果が良いそうです。

メーカー純正の限定色などは、プレミアとして査定額が上がることもあります。