主人と話し合った結果、所有していた2台

今まで乗ってきた車を中古車業者に売る際に所有

主人と話し合った結果、所有していた2台の自家用車のうち1台を、売却する事に決めました。

今まで売却の経験が無かったので、どういった売却方法がベストなのか分からないまま、ひとまずインターネットを利用して家から近い場所にあったお店に査定をお願いしたという訳です。

主に私が乗っていた紺色の軽自動車は初年度登録から10年以上経過したものでした。

なのでお金になるのか微妙なラインでしたが、ランチを家族で楽しむことが出来るくらいのお金で売れました。

いままで乗っていた車を業者に売却するときは、査定前に車の掃除だけは済ませておきましょう。

車の中には基本的に何も置かず、カバー類ははずしておきます。

カーマットの下にはゴミがたまっていないように注意してください。

外側は思い切って洗車してしまいましょう。

普段使っているカーシャンプーでサッと洗えば十分だと思います。

以前営業担当者に言われましたが、張り切って磨いて失敗する人は意外と多く、塗装ごととれる可能性もあるので、頑張り過ぎないことが大事です。

それからホイールを含むタイヤ周りは人の足元と同じですから、きれいにしましょう。

それだけで見違えるようになります。

営業さんも人間ですから、マイナス面を減らすことで少しでもプラスになるでしょう。

車を売ることを考えるなら、可能な限り高い値段で買い取り査定してもらいたいのが普通だと思うんです。

そのために、いくらになるか数社の査定を相場表を作って比べましょう。

車を買い取ってもらう価格は、査定する業者次第で結構、違ってきます。

相場表を作成するときは、車の査定を一括でできるサイトの利用が便利です。