個人売買の場合にはトラブルが起きやすいですが、車査

中古自動車の売却の時には、もし故障しているとこ

個人売買の場合にはトラブルが起きやすいですが、車査定だとトラブルを心配しなくてすみます。

個人間で売買をする場合には、車を明け渡したにも関わらず、代金が支払われなかったり、お金を支払っても車が納品されないという危険性があります。

売却後の購入者からクレームがくる可能性も高いです。

車を売却する際、できるだけ良い値段で買い取ってほしいと思うのは当然だと思います。

それなら面倒だなと思っても、少なくとも2社以上の会社から見積りしてもらうほうが良いと思います。

営業さんもプロですから、1社だけだと「うちならこれだけ出します」と言うでしょう。

さらにその場で少し上げてくれるかも。

まさにコテコテの営業トークです。

あと、「どこでも同じですよ」の畳み掛けもあります。

どこも同じなら別に他社の見積りを取っても問題ないはずです。

というわけで、もう1社いきましょう。

最低でも2社は比較するようにして、納得がいく価格を提示してきた会社を見つけることが大事です。

一括査定サイトに登録しているなら「他社にもお願いしているから」で断る業者はいないと思いますよ。

買い取り業者に車を売却することにし、その査定を受けるにあたって車検を通しておくか、通さなくていいのかを、判断に悩む人も多いようです。

本当のところを述べますと、良い査定額がつくかもしれない、との期待から、車検切れ直前の車の車検を査定前に済ませても、その車検にかかる費用総額よりも車検済ということでプラスされた金額が大きくなることは、まずあり得ません。

査定で少しアップされる分よりも、車検費用の方がずっと高くつくということです。

売りたい車の車検が切れかかっている場合は、新たに車検を通さないまま売ってしまうのが正解のようです。