今日では車の買い換えをする際、専門の買い取り業者

良くインターネット上で見かける中古車

今日では車の買い換えをする際、専門の買い取り業者を利用する人が多くなってきているようです。

こうした中、注意しておきたいのは、売りたい車の事故歴、修理歴について売却相手の業者に伝えないでいるとどうなってしまうか、ということです。

売買契約時に店と契約書を交わします。

そこに記載されている買取査定規約を見てみると、そこに、車を売却する人が、その車の事故歴についてわかっている場合には申告義務があることが書かれています。

そのため、事故歴などを故意に隠していたことが分かった場合、売買契約成立後、それどころか買い取り後でも先方からの事後減額要求が通ることになりますから、事故歴は下手に隠さない方がいいです。

業者による車の査定の際は、洗車をしておくのが基本です。

車の査定を実際に行うのは人なので、一目で手入れされてないとわかる汚い車よりはきれいに洗われた車にいい印象を持つでしょうし、それが査定額に影響するとしても不思議ではありません。

それだけでなく車に汚れがついていると、小さな傷などの有無を確認するのが難しく、そこで査定額が減らされる可能性もあります。

また、洗車を行うなら普段念入りには洗わないタイヤまわりも手を入れておくといいですね。

車を手放す時の選択肢には、ディーラー下取り、買取と呼ばれるものもあります。

でも残念ながらディーラーの下取りは、中古車買取業者に引き取ってもらうよりも金額が安くなってしまうことが多いです。

また、オークションを通じて売ってみるという方法も考えられますが、手数料などが、損になる可能性も低くないことも知っておくべきです。