車下取り」カテゴリーアーカイブ

「そろそろ車を買い替えたい」という時、今乗っている

雪が降ったとき、車が滑り、前部を電柱に衝突させてしまいました。

「そろそろ車を買い替えたい」という時、今乗っている車をどうするかはよく考えたいところで、あまり深く考えずにディーラーに任せる人は多いのですが、実はそうするよりも専門の買取業者を使った方が、金銭面で大きく得をすることが、よく知られるようになってきたようで、最近中古車の買取市場は活況です。一昔前なら、買取業者を利用するには、直接出向くのが普通でしたが、今は違います。 (さらに…)

車の売却を済ませた後から、「瑕疵担保責任」を言い訳にし

「不動車」とは完全に動かなくなってしまった自動車のこと

車の売却を済ませた後から、「瑕疵担保責任」を言い訳にして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額などを通達してくる事があるのです。万が一事故や故障などで修理した履歴があるのに隠していたのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、査定時に何か見落としがあったというならば売る側に何も責任は無いでしょう。 (さらに…)

売却予定の車を査定する基準というのは、中古車の内装や外装の状

車の査定では走った距離が少ない程にプラスの査定になり

売却予定の車を査定する基準というのは、中古車の内装や外装の状態を調べたり、走行距離や事故歴、年式などをチェックします。この確認項目のうちで外装および内装は、買い取り店に行く前に念入りに掃除を行うことで幾分査定額は高く出ると予想されます。 (さらに…)

できれば車の査定を申し込むなら夜間や雨が降っている日の方が

自分が所有する車を売却しようと考えている

できれば車の査定を申し込むなら夜間や雨が降っている日の方が良いという人もおり、幾らか見積もりが高くなると言う噂が巷には存在するようですね。夜間の査定は暗くてよく見えませんし、雨だと水滴が邪魔をして外装の汚れや傷などが分かり難くなると言う理由からまことしやかにささやかれているようです。 (さらに…)

車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った

車を査定に出すとわかりますが、買取業者によってその

車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、プラスの査定になると考えて良いです。しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、残り期間が数ヶ月しかなくなってしまうと見積金額アップは望めなくなります。 (さらに…)