月別アーカイブ: 2017年7月

同居家族名義だったり遠方の親戚の名義になっ

一度買取をお願いした後、撤回したいという場合、契約か

同居家族名義だったり遠方の親戚の名義になっている車でも買取業者などに売却することは可能です。普通の売買手続きで必要な書類に加え、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。 (さらに…)

考え方は人によって様々だと思うのですが、個人的には一

車を買い換える際は下取りに出すのが一般的ですが、中古カー

考え方は人によって様々だと思うのですが、個人的には一番スマートな方法だと思っているので、車の買い換え時には、いくらかでも得したいのでディーラーを利用せず、中古車を扱う専門の買い取り業者に査定を頼んで、買い取ってもらうことにしてます。パソコンかスマホでネットに繋いで、一括査定サイトに行き、売りたい車の情報や、ある程度の個人情報を入力、登録をしますと、買い取り業者の方から、電話でコンタクトをとってきます。 (さらに…)

車の査定をするときには社外の部品を付けている

少し前に、車で事故を起こしてしまいました。破

車の査定をするときには社外の部品を付けている車は一般的に評価が下がってしまうのでメーカーのパーツに戻すようにしてください。

ただし、メーカーの部品に戻すのに工事の代金がかかる場合は、上乗せ額よりも工事費のほうが高くなる見込みがあるため動かさずにそのまま見積りしたほうが良いです。 (さらに…)

家族で話し合い所有していた2台の自家

愛用の車を廃車にする時に還付されるのを

家族で話し合い所有していた2台の自家用車のうち1台を、売却する事に決めました。

カーセンサーネット査定専門店に買い取ってもらうのも初めてで、売却方法の良し悪しの判断がつかず、ひとまずインターネットを利用して自宅に最も近い業者に行きました。 (さらに…)

当たり前の事でしょうが、自動車を買取査定に出すときには、傷が

ご自身の愛車の車査定価格とディーラ

当たり前の事でしょうが、自動車を買取査定に出すときには、傷が目立ったり凹みがある車体の方が査定額は低くなります。

傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、プロが見たら修繕前よりも却って傷が目立つような場合があるので注意が必要です。 (さらに…)

万が一、カーセンサーネット査定時に絶対に必要な、納税証明書がな

車査定とディーラー下取りでお得なのは、車種の

万が一、カーセンサーネット査定時に絶対に必要な、納税証明書がなくなった、という時には自動車税を納付した都道府県にある税事務所に行って再度発行してもらわなければなりません。

もし、市役所や区役所での再発行の手続きが必要なのは軽自動車の時です。 (さらに…)