月別アーカイブ: 2017年12月

中古車買取店にかかってくる電話には「本人で

2005年1月から自動車の再資源化の推進のため、自動車リ

中古車買取店にかかってくる電話には「本人ではないのですが売りたい」という相談が意外と多いです。

自分のものではない(名義人がちがう)車を売却するときは、勝手に売ることはできませんので、名義人の方の印鑑証明とその車を譲ったことがわかる譲渡証明書と売却委任状(どちらも実印の押印が必要)があれば名義人以外の方でも売却できます。 (さらに…)

ところで、車の年式や状態によっては、査定額がつかない事

車が事故を起こしていたケースは、十分に修理

ところで、車の年式や状態によっては、査定額がつかない事もあります。特に、数多く売れたもので10年以上経過したものや、10万キロを超えた車、あるいは自分好みに改造を施したもの、劣化が著しいもの、動かない事故車などに至っては値段をつけてもらえないことが多いようです。 (さらに…)

高級車のイメージがある輸入車ですが、

車査定アプリを使用すれば、個人情報を

高級車のイメージがある輸入車ですが、国産車よりも買取価格がいまいち伸びないというお約束があります。

外国車としては名の売れた車でも、日本全体の車の量で考えると日本の大手メーカーのものと比べるとどうしても少ないですから、市場で安定したニーズがあるとは言い難く、業者や地域による差が出やすいのです。 (さらに…)

半分忘れ去られたようになって、もうすでに車検切れになっている

買取業者が来ていざ実物の査定をすると

半分忘れ去られたようになって、もうすでに車検切れになっている中古車でも売却はできるのです。

売却は可能ですが、車検切れだと言うことは道路を走って移動させることは禁止ですから、自動車のそばまで出張をお願いして査定してもらいましょう。 (さらに…)

同時に多数のカーセンサーネット査定会社のスタッフに

車査定のサイトなどを利用して、車を売却したい業

同時に多数のカーセンサーネット査定会社のスタッフに出張査定予約を入れて、その場に居る全員に同時に査定をしてもらうことを相見積もりと呼んでいます。この方法を取ることによって生じる利点は、その場に居る査定スタッフ同士が価格競争をして見積額の引き上げを狙えることでしょう。 (さらに…)

自分が所有している車のおおよその査定相場を知りたく

車一括査定の査定をするときに、カーナビ等のオプション品

自分が所有している車のおおよその査定相場を知りたくなったら、インターネットを通して車の一括査定サイトを活用してチェックする方法も存在しますが、メーカーのホームページ上で価格を確認するという手段もあるのです。メーカーのWebサイト上で参考価格を確認するだけならば匿名でOKでその車の年式や車種だけで検索できるサイトもあるようですから、一括サイトを使って査定したときのように一気に複数の業者から営業電話がしつこく掛かってくるリスクは回避できます。 (さらに…)

一体、今自分が乗っている車は、査定に出すとどの位

車を査定する際、事故車であると認められた時

一体、今自分が乗っている車は、査定に出すとどの位の値段がつくのか知っておきたいのなら、便利に使えるのが、インターネットにつながっているパソコンか、スマホでアクセス可能な車査定サイトでしょう。便利なサイトなのですが、実は利用にあたっては電話番号や住所などの、個人情報を入力するのが必須であり、それなしでは利用できません。 (さらに…)

スリップサインが見え始めたような使い込まれたタイヤでも、新しい

自分が持っている車を見積もり査定に出すときには、傷やへ

スリップサインが見え始めたような使い込まれたタイヤでも、新しいタイヤに交換してまで査定に臨む必要はないでしょう。

いかなるタイヤであれ消耗品であることに違いはありませんし、買取業者側がいまどき風のタイヤに付け替えることが一般的ですから、交換した甲斐がありません。 (さらに…)